布団の選び方

5人に1人が睡眠に悩んでいる時代。眠りの質が問われています。快眠な睡眠にはマットレス選びといった寝具が重要です。健康は睡眠から 人間は1日7~8時間の睡眠を必要とします。「人生の3分の1は寝ている」といえます。ベットなどの寝具は、健康づくりのための大事な「快適な睡眠を得る為の道具」です。

10年先を考えて体に合ったマットレスをお選びください。マットレスはベッドの命!手でさわり、座って選んでもあまり意味がありません。5~6種類の違うスプリングタイプを実際に寝てみて体感し、最も自分に合ったマットレスとめぐり合いましょう。多種多様のマットレスを実際にお試しいただき、比較検討できる フランスベッド主催のイベント展示会で体に合ったマットレスを選びましょう。 また、マットレスにあわせて、寝る環境としてアロマのリラックス効果があるとさらに癒しの空間になります。

疲れた時や元気が出ない時にはアロマオイルが効果的です。リラックス効果を高めるためにお風呂に入れたりお部屋に香らせてもリラックスできます。アロマオイルで快適な睡眠をとりましょう。

皆さんは、「自分に合った寝具・ベッドの選び方」って考えた事はありますか?

実は、寝具の選び方はみなさんが洋服を選ぶように、人それぞれ違うのです。結構「硬いベッドが良い物」とかって思っていませんか?これって、大きな間違い!「ええっ!」思う方も多いと思いますが、本当のお話です。

じゃあ、硬いモノはダメかって言うとそうでもないのです。

じゃあどういうこと?と思う方もいるかもしれません。

寝具の選び方には例外もあります。

「今までタタミに布団を敷いて寝てきたので、今から軟らかいマットで睡眠をとるのは落ちつかない」

こういう場合は、「これが良いですよ」とは言いません。寝具の選び方は「好み」的要素も重要ですから。

特に、股関節・膝に痛みを伴う方にはマットの縁(ふち)が固めで立ち上がり易い寝具が良い様です。また、腰痛や肩こりで悩んでいる事が多い人は寝返りのし易さを優先した寝具の選び方が良いでしょう。

確かに、値段の高い寝具の多くには万人向けのマットが多いのは事実。そして、最高級の材料を使っている為、耐久性が長いモノが多い。でも、寝具は値段が高かろうが安かろうが、自分に合ってなければ何の意味も無いですから値段の高いもの=自分に合ったモノとは限りません。しっかりと自分にあった寝具の選び方を覚えましょう。

コメントを残す